RRAM official site

RRAMコインは配当重視型の新暗号通貨です。

R-RAM

コイン発行まで
How to apply

RRAM プロジェクトメールニュース


RRAM プロジェクトに関するメールニュース(無料)を受取るには下記にてメールアドレス を登録してください。

What is RRAM?


RRAMコインはシンガポールに拠点を置くTATSUO INTERNATIONAL PTE.LTDによって発行された暗号通貨です。RRAMコインは新技術の開発から製造・販売までの一貫した事業や今注目の暗号通貨への投資、そして医療機関への寄付等、社会貢献も行います。

RRAMコインは高配当でリスクの少ない、投資家に高利益を生み出していく新暗号通貨です。
RRAM保有者(コインユーザー)はコインを購入所有する事により、TATSUO INTERNATIONAL PTE.LTD の事業へ投資を行う事となり、事業投資利益やファンド(暗号通貨投資)利益を、運用益としてビットコインで配当されます。 コイン取引所(Counterparty)へは既に上場しており、コイン自体をマーケットで流通させることが可能です。
RRAMは発行総数10,000コインで、2017.0907より第1期ICO(Initial Coin Offering)開始します。
このRRAMコインは、複数の潜在的特権が投資家(RRAM保有者)に与えられます。

The Roadmap


  • コイン名 : RRAM コイン
  • 発行元:TATSUO INTERNATIONAL PTE.LTD
  • 総発行数 : 10,000個 → 100,000個
  • 初期縁故募集 : 1,000個 → 10,000個
  • 内部保留分 : 5,500 個 → 55,000個
  • ICO 売出個数: 3,500 個 → 35,000個

ICO 予定価格 と募集日時


  • 第一期 500個

    1RRAM = $3,000
    第1期:2017年9月7日(木) 00:00 (UTC)予定
    ※ICOはBTCで決済の為、毎日00:00 (UTC)のBTC 価格に連動してICO価格を更新予定

  • 第二期 500個

    第2期:2017年10月5日(木) 00:00 (UTC)予定
    ICO 価格の変更 (第二期以降)
    第二期以降のICO価格はUS$3,000以上又は4DS株価の4万倍をTATSUO INTERNATIONAPTE.LTD.がドル換算し、どちらか高い方を採用する。

  • 10分割

    既存発行コインについて、RRAMの発行を10倍に分割しました。

  • 第三期 5,000個

    第3期:2017年11月2日(木) 00:00 (UTC)予定
    ● ICO 価格の変更 (第三期以降)
    1RRAM=US$300、又は1RRAM=4DS株価の4千倍(USドルベース)
    のうち、どちらか高い方を採用する。

  • 第四期 5,000個

    第4期:2017年12月7日(木) 00:00 (UTC)予定

  • 第五期 5,000個

    第5期:2018年1月4日(木) 00:00 (UTC)予定

  • 第六期 5,000個

    第6期:2018年2月1日(木) 00:00 (UTC)予定

  • 第七期 5,000個

    第7期:2018年3月1日(木) 00:00 (UTC)予定

※最終ICO完了後1ヶ月後を目処にさらに10分割予定(配当も最終的には100分の1になります。)

How it works


RRAM コインプロジェクトは、RRAM と言われるトークン(コイン)を T-Interが発行し、そのコインをプリセール及び ICO(Initial CoinOffering)することに より資金を集め、T-Interが独自に運用している 2 つの投資部門へ投資し運用利益をあげるものである 。

将来、TATSUO INTERNATIONAL PTE.LTDの事業投資先がM&A( 合弁や買収)された場合、RRAMコインに付与されている株式持分相当の分配金をTATSUO INTERNATIONAL PTE.LTDが清算し配当します。
清算配当後、そのM&A(合弁や買収)された株式に関する配当その他権利をRRAMコインは失います。

Business Plan


資金配分

  • PBM Co., Ltd.
  • 4DS Memory Limited
  • 暗号通貨
  • DDW(Deuterium depleted water)と社会貢献
イーメックス株式会社( EAMEX )の子会社。
パワー電池(革新的「キャパシタ電池」)の独占製造販売の権利を受けて量産製造販売を行う。

パワー電池(革新的「キャパシタ電池」)とは
(導電性高分子電池:ポストLi電池の次世代蓄電デバイス)
革新的電池は根本的に電極素材を変える(正極:導電性高分子  負極:カーボン系 )ことで、高性能と低コストを達成 リチウムイオン電池を用いたビジネス展開で一番問題となっている寿命と製造コストの問題を解決

革新的要素
高出力:7,000W/kg、Liイオン電池の10倍以上であり、EDLCキャパシタを上回る高出力
急速充電:3~10分で充電が完了する。エネルギー回収効率が格段に向上
長寿命:充放電1万回でも劣化せず、20年位上の寿命
    10℃放電・1万サイクル(20年以上)で80%以上の容量を維持
低コスト:導電性高分子正極は既存正極の1/10のコスト
高い安全:レアメタルを使用せず、熱的に安定で発火の危険性が少ない
エネルギー密度:80Wh/kg(セル)であり、鉛電池の3倍の性能

  キャパシタ電池 A社電池 Liイオン電池
電圧(V) 4 2.4 4
容量(Ah) 21 27 38
エネルギー密度(Wh/kg) 70 65 70
充電時間(分) 3 6 30
出力密度(W/kg) 8,000 700 2,000
サイクル寿命 (回・年) 10,000、20年 3,000、8年 2,000、5年
重量(g) 1,000 1,000 1,000
コスト比較(材料・プロセス) 0.6 1.1 1

PBM株式会社 配当予想

※法定実行税率 35.64%で計算 ※株主配当は税引き後利益の50%を配分すると取り決めする ※配当金の50%は益金不算入
年度目標  2018年度 2019年度 2020年度 2021年度   2025年度 2025年度以降
製造ライン設置目標
設置数・設備資金(億円)
3(5) 18(20) 58(50) 100(80) 市場規模からのマーケット戦略 1,000 100,000
売上予測 - 21億4000万円 73億円 160億円 1500億円 13兆円
1株あたりの配当金予測(税引き後) - 1万3410円 4万5763円 10万303円 94万円 8150万円
ライン数から見たマーケット戦略 量産試作〜商談 日本の電池メーカー3社のパワー電池事業計画に基づく最低必要ライン数が20ライン 中国大手通信企業の現在発注予定蓄電池への供給対応では52ライン必要 2020年のアイドリングストップ向けバッテリーの世界シェア10%対応 2017年の中国の電動バイク        (5000万台)のシェア15% 中国の電動自動車(2000万台)のバッテリーに採用された場合

会社名 : イーメックス株式会社( EAMEX )
→Eamex Corporation website
経済産業省NEDO研究プロジェクト(高分子アクチュエータの研究開発、5年間)が技術のベース。
プロジェクト終了後、関係した国立大学教授・産総研研究者6名等と共に瀬和氏、大西氏等がイーメックス社を設立。
研究開発を継続し現在に至る。そして独占的な特許権利(出願110件) を有している。
シリコンバレー所在する4DS MEMORY LIMITED(ASX: 4DS)は、次世代のギガバイト・ストレージのためのインタフェース・スウィッチングReRAMを開発している会社です。
2007年設立の4DS MEMORY
LIMITEDはReRAMを開発するために、5つの申請中の特許と承認された18のアメリカ合衆国特許を構成する特許取得済み IP ポートフォリオを所有しています。
4DS MEMORY LIMITEDはストレージを世界的に主導するウエスタン・デジタルの子会社HGSTとの共同開発契約を締結しています。
詳細はwww.4dsmemory.comをご参照下さい。
→ASX.COM - 4DS
4DS
4DS
4DS
高配当が見込まれる暗号通貨銘柄への投資。 値上がりの期待値より投資した暗号通貨からの配当を待つ。
投資対象銘柄-
Aeternity –:ビットコインに続く主要ブロックチェーン –
Edgeless –:インターネットカジノのソフトプログラム –
First Blood –:インターネットスポーツ プログラム –
Numeraire :人工知能(A.I.)を用いた投資プログラム **
DDW(Deuterium depleted water)は、水の中の「重水素」の濃度が低い水です。
Deuterium depleted waterを日常的に摂取し、人体内の重い水素の濃度を下げると、人体内の免疫力が向上。病状が改善する。
Deuterium depleted waterを社会貢献のアンテナとして、総額$800,000相当のDeuterium depleted waterを無料配布する

HOW TO CONTRIBUTE


    ●事業投資部門の潜在的な特権

    ・RRAM1 個に付き、4DS 社10,000 → 1,000 株分の権利
    ・RRAM1 個に付き、PBM 社 1 → 0.1 株分の権利


    ※事業投資部門への直接投資分として権利分の株主配当を分配
    例)株主配当としては、後記PBM 社が事業計画通りに成長すると、1 コインに付き年間$80,000 の配当が期待出来る。

    ●暗号通貨投資ファンド部門

    RRAM1個について
    *毎月月末に暗号通貨投資ファンド運用利益を集計し、その利益の40%をコイン ユーザーへ BTC にて翌月末に配当する。
    *ICO公募計7回の期間中について、1RRAMの配当は 1RRAMあたり次期ICO公募価格の2%を配当する。
    また、ICO公募最終の7回目の配当は最終価格の2%とする。
    配当日はICO 月の翌月末とする。
    ICO 終了後の配当も2%を努力目標とする。

    なお、その月の運用利益が無い場合は配当されない場合もあります。
    今までの配当実績
    2017年5月の実績 :コインユーザー投資額の10%
    2017年6月の実績 :コインユーザー投資額の5%

WHITE PAPER


RRAMコイン クラウドファンディングホワイトペーパー

How to apply


How to apply for RRAM coin

Contact us


複数申込希望などの場合は下記より事前にお問い合わせください。特典が受けられます。

NAME:
Email:

TATSUO INTERNATIONAL PTE.LTD

© R-RAM2017. All Rights Reserved